蒲生四丁目駅すぐの歯医者、大阪市城東区の歯科医院

〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西 3丁目6-32 デイグランビル3F
大阪メトロ長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目駅」すぐ
大阪シティバス「地下鉄蒲生四丁目停留所」より徒歩1分

診療時間
09:00~12:00 × ×
13:00~18:30 × ×

△:13:00~16:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※最終受付30分前

ご予約・お問合せはこちら

06-6935-1182

当院のインプラント治療

※保険外診療です。当院で外来治療が可能です。

経験25年以上、口腔外科出身の院長が担当

インプラント治療を担当するのは、25年以上(※)の治療経験がある院長です。

インプラント治療は外科手術を伴います。インプラントを埋め込むあごの骨のまわりには大切な血管や神経があり、このような組織を傷つけることなく手術を成功させるには、技術と経験がある歯科医師に任せるほうが安心できることと思います。

その点、当院の院長は長年、大学病院の口腔外科に勤務していました。毎日のように外科手術がある診療科だったため、外科手術の技術を基礎から身につけております。たとえば、傷口を縫い合わせるにはさまざまな方法がありますが、どの方法を選択すれば早く、キレイに回復するかなどを判断する目をもっています。お口の状態にあわせて適切な治療法を選択できるのは、たくさんの口腔外科治療に携わってきた院長だからこそだと言えるでしょう。

当院のインプラント治療は、多くの外科手術の経験を積んだ院長が担当いたします。どうぞお任せください。

※2020年現在

信頼のおけるCAMLOGシステムを採用

当院では、歯の根の代わりにあごの骨に埋め込むインプラント体に、欧米でトップクラスのシェアを誇る「CAMLOGシステム」を採用しています。

一般的なインプラントは、インプラント体と上部構造(被せ物)をアバットメントという部分でつないでネジで固定します。しかし、この方法は経年などが理由でネジが緩み、外れやすくなるデメリットが。

その点、当院が採用しているCAMLOGシステムは、インプラント体と被せ物をつなぐアバットメントにノッチ(くぼみ)とカム(ふくらみ)がついているため、しっかりと噛み合い、緩むリスクを低減できます。精密な構造のインプラントをお口の中に埋め込むため、隙間が生まれることも少なく、治療後のクリーニングがしやすいというメリットもあります。

サージカルステント(ガイド)

治療の前には歯科用CTによる検査を行い、どの場所にどのようにインプラント体を埋め込むかをシミュレーションしたうえで、適切に埋め込めるように手術用のガイドも作成。CAMLOGシステムのガイドは精密であるため、より安全な手術のご提供につながります。

インプラント体は患者さまの身体に埋め込むものであるため、当院では信頼できるメーカーのものを採用しています。

保証があります

いけなが歯科では、インプラントの被せ物には3年、インプラント体に5年の保証期間を設けております。

保証をお付けするのは当院でメインテナンスを受診されている方に限りますが、万が一インプラントに何らかのトラブルがあった場合、費用を負担することなく再治療を受けていただけます。

インプラントは保険が適用されない自費治療であるため、どうしても費用が高額になる傾向があります。せっかく高い費用を払ってもすぐに壊れてしまったら…と不安を感じている患者さまも少なくありません。その点、当院では保証をお付けしているため、ご安心いただけるのではないでしょうか。

ご満足いただける治療を提供する自信があるからこそ、当院では保証をお付けしています。

設備が整った清潔な空間で行う治療

外科手術を伴うインプラント治療では、神経や血管を傷つける少しのミスが重大な事故につながる可能性があります。
そのため、ほかの治療と比べて綿密な検査と治療計画の立案が必要です。当院では適切に治療を行うために、各種設備を取り揃えております。

歯科用CT

手術中に神経や血管を傷つけてしまわないように、インプラント治療ではほかの歯科治療よりも詳細な検査をする必要があります。そこで当院では歯科用CTを導入し、CT撮影によってあごの骨の高さや厚さ、まわりにある神経や血管の位置を適切に把握するように努めています。

生体モニター

手術中の患者さまの状態は、顔色などを見ただけでは適切に判断できないため、心拍数や血圧、体温、酸素飽和度をチェックできる生体モニターを導入しました。数値できちんと確認することで万が一の異変にも気づきやすくなり、何かあっても迅速に対応することができます。

オペ室

インプラント治療で行う手術中は、よりいっそう院内感染の予防に努めています。

当院はオペ室(オペスペース)を設けており、インプラントの手術はそちらでおこないます。ほかの患者さまの治療をするスペースと分離しているため、空気感染を予防し、清潔な環境で手術に取り組めます。オペ室はほかの診療スペースと離れていることから、プライバシーもお守りできます。

また、手術の当日はほかの患者さまの予約は取らず、インプラント治療を受けられる患者さまだけに集中して対応いたします。

使い捨てできない器具はしっかり滅菌

院内感染は多くの場合、治療中に使用する器具や道具に細菌が付着することが原因で起こります。

そのため当院では、歯科医師や歯科衛生士が使用する手袋やマスク、ガウン(手術用の着衣)、覆布(患者さまに被せる滅菌布)は、使い捨てのものを採用しています。

使い捨てできない器具は、院内感染の原因となる血液や唾液をしっかり洗い流してから、ヨーロッパ最高基準を満たしたクラスB滅菌器で滅菌処理を行います。

治療名:インプラント治療
治療の説明:失われた歯のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯(かぶせもの)をつける治療法です。
治療のリスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。噛む感覚がご自身の歯と異なる場合があります。見た目がご自身の歯と異なる場合があります。手術後にメインテナンスを継続しないと、インプラントが抜け落ちる可能性があります。
治療の価格:合計350,000~400,000円(税別)

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

アイテロで口腔内をスキャンし、CT画像と照らし合わせ、歯科技工所とmicrosoftのTeamviewerを使用し、インプラント体をシミュレーション後サージカルステントを作製します。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかを、CT画像、口腔内写真、サージカルステントを使用しご説明し、治療計画をご案内します。

手術

インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

サージカルステントをガイドに使用し、安全に且つ計画通りに所定の位置にインプラント体を埋入します。

人工の歯を装着

インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

上部構造も予定通り機能的且つ、審美的に装着が可能です。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

06-6935-1182

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

○:9:00~12:00/13:00~18:30
△:13:00~16:00

休診日:木曜・日曜・祝日
 

06-6935-1182

〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西 3丁目6-32 デイグランビル3F
大阪メトロ長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目駅」よりすぐ
大阪シティバス「地下鉄蒲生四丁目停留所」より徒歩1分

医療法人優紫会いけなが歯科では一緒に働いてくださる仲間を募集中です!