矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。 矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。

しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合などがあります。

Before

Before

After

After

ごあいさつ

ごあいさつ

矯正を担当させていただいてます玉田です。
当院ではⅠ期治療は永久歯の萌出スペースの確保、下顎の成長促進等を行ってます。
使用する装置は清掃性や快適性を重視し子供の生活の質を下げないように取り外し式のものを使用させていただいており、患者さんの自主性を尊重させていただいております。
そのため装置を入れるかどうかでとても差が出ます。
治療期間も1年を目途に設定させていただいてますが、入れていただけるかどうかでとても期間にも効果にも差がでます。
苦痛はなるべく少ない装置を選ばせていただいておりますが、装置を入れていただくという根気はとても大事です。

成人矯正につきましては難易度によりことなりますが、歯の動きが早くチェアタイムの短い装置自体にキャップが付いた摩擦の少ない装置を使用させていただいており、細い針金でワイヤーを縛ることなく装着できるようにさせていただいてます。

前歯部分はセラミック製の白い装置をしようさせていただき審美的なものを用いてます。
矯正治療はそれなりに長い期間がかかるものですからチェアタイムの短縮、治療期間の短縮、審美性、治療中の清掃性や痛みの少なさ等の快適性を最も重視しております。

不正咬合が及ぼす症状

不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく(うまく)噛めない、言葉が明瞭でなくなる、虫歯になりやすい、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因になる、アゴの関節に負担をかける、歯を折ったり、ケガをしやすいなどの原因にもなります。
また、見た目にはよい歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症等の原因になり、肩こりや腰痛などを引き起こすことがあります。

こんな矯正もあります!

通常の矯正以外に、以下のような矯正方法もあります。詳しくはご相談下さい。

インプラント矯正

矯正専用のインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として歯を動かして歯列矯正する治療法です。通常は部分的な矯正治療で用いる方法です。

治療期間の短縮が可能で、ブラケットのような複雑な装置が必要ありません。矯正が終了したら、インプラントは取り外します。

従来の方法では、正常な歯を支えにしてスプリングで矯正していましたが、インプラント矯正ならば、正常な歯に影響を与えることなく、矯正することができます。

インターネット予約 PC/携帯から簡単に予約・変更できます
TEL:06-6935-1182
いけなが歯科Blog
いけなが歯科公式インスタグラム

リンク集

カムログインプラント

カムログインプラント

アストラテックインプラント

アストラテックインプラント

POIインプラント

POIインプラント

Tionホワイトニング

Tionホワイトニング

いでぐち医院

いでぐち医院