予防歯科

メンテナンスはとても大切!そろそろ始めませんか? 予防歯科

患者さん一人ひとりに合った予防プログラムをご提案していきます。

歯医者さんには、歯が痛くなってから行けばよい・・・
あなたは歯について、こんな風に思っていませんか?

「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

当院では、虫歯や歯周病になってから治療を行うより、お口の健康を維持できている状態がベストだと考えています。予防歯科では、虫歯や歯周病の検査や噛み合わせのチェック、歯の清掃や患者さん一人ひとりに合わせたブラッシングの方法をご提案していきます。

治療したはずの歯が何度も虫歯になってしまう・・・

ブラッシングしているはずなのに虫歯になりやすい・・・

ぜひ予防歯科を受診してみてはいかがでしょうか!

いつまでも健康は歯を保つ秘訣は、「予防」にあります。
虫歯や歯周病という病気は、細菌感染によって起こることがわかっているため、予防できます。
しかし、日本では、未だに虫歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。
一方、歯の定期検診が一般的に行われ、予防意識の高い欧米では80歳を超えても平均20本以上の歯が残っているのです。
いつまでも健康な歯を保てることが予防の効果であり、今後の日本が目指すべき姿だといえるでしょう。

年齢別平均残存歯数


年齢別平均残存歯数

各国の定期的に歯科検診クリーニングを受けている人の割合


各国の定期的に歯科検診
クリーニングを受けている人の割合

各国の70歳の残存歯数


各国の70歳の残存歯数


予防歯科のメリット

1. 虫歯・歯周病などのお口の中トラブルをできにくくする!

定期的にチェックを行うことで、虫歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康に維持することもできます。

2. 治療の痛み・費用を低減できる

痛みや症状がひどくなってから治療するとなると、治療費用や期間もかさんでしまいます。

3. お口の中がスッキリする

歯や歯ぐきをキレイにすることで、お口の中が爽快になります。
歯医者さんにサロン感覚で通う方も増えてきています。

予防歯科の流れ

当院では、患者さん1人に歯科衛生士が担当させていただいております。

1. 初診インタビュー

  1. お口の中について
    痛いところ、気になるところがあれば遠慮なくご相談下さい。

  2. 歯科治療に対するご希望について
    なるべく患者さんのご希望に添えるようにしています。

  3. 生活習慣について
    1人ひとりに合った予防プログラムをご提案いたします。

▼

2. 歯周病・虫歯チェック

歯周病が悪くなっていないか検査し、新たに虫歯になっていないかチェックします。
その後、お口の中の状態についてご説明いたします。

▼

3. ブラッシングチェック

歯の汚れ(=歯垢)がたくさん残っている場合、歯垢染色をします。
いつも磨けていないところをチェックし、磨き方のポイントを指導します。
適切なブラッシングができるようになることで、歯に古い汚れが付きにくくなります。

▼

4. 歯石除去・歯周ポケットの洗浄

固まってしまった歯垢(=歯石)を除去していきます。
歯ぐきの上だけでなく、歯ぐきの溝(=歯周ポケット)の中に付いてしまった歯石もきれいに除去し、機械で洗浄していきます。
お痛みなどございましたら、ご遠慮なくお伝え下さい。

▼

5. PMTC ※自費

古い汚れやバイオフィルム(菌の巣)を機械のブラシを使って落としていきます。
歯ブラシでは落としきれないこびりついた汚れを落としていきます。

▼

6. フッ化物塗布 ※無料

歯の質を強くする効果のあるフッ化物を配合したジェルを歯に塗ります。
虫歯菌の酸の攻撃から歯をとけにくい状態にします。

▼

7. メンテナンス(定期健診)

患者さんの虫歯リスク、歯周病リスクによって異なりますが、1~3か月に一度「STEP1」~「STEP6」までのケアを受けていただければ、虫歯や歯周病の予防につながります。

インターネット予約 PC/携帯から簡単に予約・変更できます
TEL:06-6935-1182
いけなが歯科Blog
いけなが歯科公式インスタグラム

リンク集

カムログインプラント

カムログインプラント

アストラテックインプラント

アストラテックインプラント

POIインプラント

POIインプラント

Tionホワイトニング

Tionホワイトニング

いでぐち医院

いでぐち医院