インプラント

当院はカムログインプラント、アストラテックインプラント、POIインプラントを採用しています!

このインプラントシステムでは、インプラント周囲の歯肉に厚みを持たせることができ、そのことで、この部分の血流を維持でき、骨と歯肉を良好に保つことが期待されます。また、インプラントの表面性状と形態が適度な応力分布を生み、骨を良好に保つと考えられています。

しかし、インプラント治療後も定期的に通院していただき、メンテナンスを行っていくことが、長期にわたって、良好な状態を維持していくために不可欠です。

インプラントとは

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合、歯の外観と機能を、歯根から修復できるのが、インプラント治療です。

インプラントとは人工歯根のことで、これをあごの骨に埋め込み、人工の歯を被せる方法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。


従来の治療法との違い

従来 インプラント
歯を1本失った場合 周りの健康な歯を削ってブリッジにします。 健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。
歯を数本失った場合 入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。 歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。
歯を全て失った場合 総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。 インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。


CT画像を使ったインプラント治療

複数のインプラントを入れる治療や、歯根が複数ある奥歯の治療には、歯やあごを立体的に捉える感覚が必要になります。

ですが、従来のインプラント治療では、骨の中に埋まっている歯根の状態を、奥行きのないレントゲン写真で確認し、あとは手術で開いてみて状況を判断することしかできませんでした。

CT画像を使ったインプラント治療では、立体的な歯やあごの状態を3次元的に捉えることができ、状態をより正確に診断することができるようになります。

また、それを基に準備・治療を行うことで、安全性が高まり、予後(インプラントの持ち)も良くなります。

前歯1本のみで、簡単な症例であれば特に必要ありませんが、難症例の場合、複数本の場合は是非CT画像を使った治療をおすすめします。

※CTの撮影は、提携の総合病院で行います。

治療の流れ

1. 診査・レントゲン撮影

インプラント治療に必要な診査を行います。この際に、CT撮影が必要かどうかも調べます。

2. CT撮影

必要があれば、提携病院でCT撮影を行います。

  1. 当院でご予約をお取りします。
  2. 病院でCT撮影を受けていただきます。
  3. 当院に撮影データが届きます。

3. 診断・治療計画

インプラント治療に必要な診査を行います。この際に、CT撮影が必要かどうかも調べます。

4. インプラント埋入手術

 A  麻酔をし、インプラントを埋入する部位の歯肉を切開します。

 B  顎骨に人工歯根(フィクスチャー)を入れるための穴を専用のドリルであけます。

 C  人工歯根(フィクスチャー)を埋入します。

 D  人工歯根(フィクスチャー)に、ヒーリングアバットメントを装着します。ヒーリングアバットメントとは、開いた歯肉の形を整えながら回復させるためのものです。

 E  歯肉を調整して縫合し、人工歯根が骨にしっかり結合するまで約6~24週間程度待ちます。(この間、必要な場合には、仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)

5. アバットメントの接続

人工歯を支えるための土台となるアバットメント(支台部)をインプラントに接続します。

アバットメントの接続

6. 人工歯の装着

歯を製作するためにお口の中の型を取ります。作製した人工歯をアパットメント(支台部)に装着して完成です。

人工歯の装着

7. メンテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。
歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることが非常に大切です。
※上記の術式は一例です。最も症例に適した術式を選んで行っていくことになります。

メンテナンス


Q&A

Q. 治療期間はどのくらいですか?

A. 個人差はありますが、一般的に2ヶ月から4ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

A. インプラント治療は現在保険治療が行えません。使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

Q. 治療はだれでも受けられますか?

A. 顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。

Q. 一度入れたインプラントに寿命はありますか?

A. 患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

Q. インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?

A. インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

インターネット予約 PC/携帯から簡単に予約・変更できます
TEL:06-6935-1182
いけなが歯科Blog
いけなが歯科公式インスタグラム

リンク集

カムログインプラント

カムログインプラント

アストラテックインプラント

アストラテックインプラント

POIインプラント

POIインプラント

Tionホワイトニング

Tionホワイトニング

いでぐち医院

いでぐち医院